mitopi はてなブログ版

肩こりのお悩み中心にアラサー女子の興味あることまとめます。

【肩コリ原因】ためしてガッテンで肩コリ解消のために筋肉ではなく筋膜をほぐしていた

今回記事を書く上で参考にした動画URL:
https://www.youtube.com/watch?v=7S257mGsam8
(リンク切れしてたらすみません)

上記のリンク先は2015年に放送された「ためしてガッテン」の動画です。

今更ですが、なかなか画期的なことが紹介されていました。

肩コリ特集は1995年から取り上げられてきてて、上記動画は2015年8回目の放送です。
肩コリでどれだけ深刻で沢山の人が悩んでいる悩みかわかりますね…。

ずーっと20年間もの間一貫して

「筋肉をほぐす」

方法が紹介されてきました。

それでも治らずに

「一生付き合っていく覚悟」をしている人や
「諦めて生きてる」という人もいました。

もちろん、私もその一人です。

「肩こりの超嬉しい新事実」ということで、
ますます期待できると思って動画を最後まで見てみました。

肩こりの解消には筋肉ではなく筋膜をほぐす必要がある


最近、実は私も「筋膜」っていうキーワードを本屋さんで見たことがあったので、とっても気になっていました。

「筋膜」はなんと医学(形成外科)界のシンデレラと呼ばれているそうで「肩こりの元凶」として新たに注目されています。

東京歯科大学の阿部教授も、解剖学を教える際に
「筋膜は筋肉にまとわりつく邪魔な存在」と語っていました。

2年前に見て知っておけばよかったです…。

筋膜はどこにあるの?

そんな“やっかいもの”扱いされる筋膜ですが、
僧帽筋(そうぼうきん)と肩甲挙筋(けんこうきょきん)の間にある

青白い筋でして、目で見る事ができます。

なんと、ささみでも確認できるのです。

f:id:EnjoyFreeApp:20170728060610j:plain


焼き鳥屋さんで仕込みが行われていたのですが、

筋肉のまわりに膜が薄くはり付いている映像がありました。

筋膜がほぐれる貴重映像

「塩水で肩が楽になる!?」

治療映像は木村裕明さんのクリニック

超音波診断装置でモニターが映され、
それを目で見て確認しながら施術が行われていました。

実際の治療内容は、生理食塩水を体に打つという意外にも単純なものでした。

それをするだけで、モニター上の青白い筋、つまり筋膜が消えていったのです。

しかも劇的によくなったそうです!
「肩全体が痛い」と悩んでいる方もたちまち楽になっていました。

それじゃ、木村裕明さんのクリニックってどこ?

気になるのが、木村裕明さんのクリニックですよね。

本当に効果あるなら、おそらく現在も予約が埋まっていることでしょうが。

検索すると、すぐにこちらが見つかりました。

www.kimura-painclinic.com

群馬県…関西に住んでいる私にはなかなか縁がなさそうですが、

関東在住の方や、「痛くてどうしようもない」と悩んでいる方にはよさそうです。

ただ、「木曜日 / 土曜日の午後 / 日・祝祭日」はお休みらしいので、そこは注意ですね。

おわりに

今回紹介したURLリンク先の動画では、肩コリの本当の元凶は「筋膜」であるということがわかりました。


次は、「自宅でできる筋膜伸ばしの術」という内容に入っていくので、次回はそれについてふれたいと思います。